© 2019 ARITA CLASPA! / COMPANYEAST

STAGE

8/9(金)メインステージ

焱の博記念堂(文化ホール)

16:15〜

CLASPA!ステージⅢ/新垣 隆・大井 健

碗琴 ー 有田の響き
新垣 隆

 

【演目】

碗琴とピアノの為の新作  新垣隆

ト調のソナタ  カール・フィリップ・エマニュエル  バッハ

ロマンス   クララ  シューマン  ほか

 

【概要】

新垣のステージでは、ピアノ演奏に加え、有田焼の碗を並べ音階を構成する『碗琴』による新しい作品を発表します。その澄んだ響きから、有田の土地が長く育んできた固有の『聲』が立ち昇ってきます。

「虚心に耳を傾けることでその声を聴き取りたい」

その思いで作品に取り組んでいます。

ピアノ演奏では自在にイメージが飛翔するエマニュエル・バッハ、瑞々しくも既に円熟の域に達するクララ・シューマンの10代の頃の小品などを披露します。

Piano Love to Pianology
大井 健

 

【演奏曲】

Voices

Piano Love

Departure

 

【内容】

有田ではシリーズ累計約1万枚、クラシックチャートで第1位を記録したアルバム「Piano Love」シリーズから特に人気の高い曲を軸に、今大井が取り組む「ポスト・クラシカル」の世界観をお楽しみいただけるプログラムをご用意します。響きの良いクラシックホールで味わう弱音とペダリング、メロディとテスクチュアの歌い回し。優しく美しいソロの音色で、夏の暑さに疲れた皆さんの心を癒したいと思います。