© 2019 ARITA CLASPA! / COMPANYEAST

STAGE

有料ステージ

8/9 Fri

メインステージ Ⅰ

鍵盤男子

[タイトル]

鍵盤男子スーパークラシシズム in ARITA

[出演者]

鍵盤男子

[内容]

CMや雑誌でお馴染みのピアニスト大井健、博士課程を修了しウィーンから満を持して帰国した作曲家中村匡宏。相反する個性がタッグを組み、未知の化学反応を生む『鍵盤男子』。あらゆるジャンルを超えたアレンジと音楽性で大好評を博したメジャーデビューアルバム「The future of Piano」から1年。彼らの今考えるクラシック音楽、それは『スーパークラシシズム/超古典主義』。TVや全国各地のライブ会場で旋風を巻き起こすピアノデュオが提案する、今最もホットなクラシック音楽を、心行くまで御堪能あれ!!

[予定演目]

  • スーパークラシシズム

  • ラプソディー・イン・ブルー

  • 交響曲第5番 運命

メインステージ Ⅱ
THE LEGEND

[タイトル]

THE LEGEND 1500℃

[出演者]

THE LEGEND

[内容]

男性オペラ歌手5人による進撃の5重唱!

クラシックからロックまで、古今東西の名曲をクラシックスタイルで歌い上げるザ・レジェンド。今回は『誰も寝てはならぬ』『ベートーベンの第九』そしてクイーンの名曲『ボヘミアンラプソディー』など、これまでのレパートリーの中から特に‘熱い’楽曲をプログラムします。

ザ・レジェンドが得意とするオペラやカンツォーネなど、情熱溢れるイタリアンサウンド。そして美しく疾走するピアノと絡み合うハーモニーで、会場全体をまるで有田焼きの釜の中のように熱く燃え上がらせます。

クラシックスパーク、ほとばしる魂の歌声をお楽しみください!

[予定演目]

  • 歌劇『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」

  • 交響曲『第9番』より「歓喜の歌」

  • ボヘミアン・ラプソディー

メインステージ Ⅲ
新垣隆・大井健

[タイトル]

新垣隆 碗琴 ー 有田の響き

[出演者]

新垣隆

[内容]

新垣のステージでは、ピアノ演奏に加え、有田焼の碗を並べ音階を構成する『碗琴』による新しい作品を発表します。その澄んだ響きから、有田の土地が長く育んできた固有の『聲』が立ち昇ってきます。

「虚心に耳を傾けることでその声を聴き取りたい」

その思いで作品に取り組んでいます。

ピアノ演奏では自在にイメージが飛翔するエマニュエル・バッハ、瑞々しくも既に円熟の域に達するクララ・シューマンの10代の頃の小品などを披露します。

[予定演目]

  • 碗琴とピアノの為の新作  新垣隆

  • ト調のソナタ  カール・フィリップ・エマニュエル  バッハ

  • ロマンス   クララ  シューマン  ほか

[タイトル]

大井 健 Piano Love to Pianology

[出演者]

大井 健

[内容]

有田ではシリーズ累計約1万枚、クラシックチャートで第1位を記録したアルバム「Piano Love」シリーズから特に人気の高い曲を軸に、今大井が取り組む「ポスト・クラシカル」の世界観をお楽しみいただけるプログラムをご用意します。響きの良いクラシックホールで味わう弱音とペダリング、メロディとテスクチュアの歌い回し。優しく美しいソロの音色で、夏の暑さに疲れた皆さんの心を癒したいと思います。

[予定演目]

  • Voices

  • Piano Love

  • Departure

メインステージ Ⅳ
林英哲、英哲風雲の会

[出演者]

林英哲、英哲風雲の会
ゲスト:新垣隆

[内容]

[予定演目]

<演奏曲目(予定)>

M1.「三つ舞」(作曲:林 英哲)(1985)

1991年発売のCD『英哲』収録曲。少人数での太鼓アンサンブルのために作った囃子の曲で、祭り囃子のようなフレーズをモチーフとした、林英哲がソロになった初期の代表作。締め太鼓と呼ばれる音程の高い太鼓は、日本のお祭りの伴奏によく使われるもので、これに笛と鉦、低い太鼓が加わってにぎやかな雰囲気になる。本来は笛を含めた3人編成だが、ライブでは太鼓に尺八やSAX、津軽三味線等が加わるアレンジや、ジャズピアノとのデュオなどでも演奏されている。今回は英哲風雲の会メンバー2名をしたがえた太鼓だけで、その音の特質だけを取り出して太鼓アンサンブルとしてシリアスな構成にした。(275W)

 

M2.「海の豊饒」(作曲:林 英哲)(2003)

フランスを中心に活躍した画家の藤田嗣治をテーマにした2004年初演のコンサートツアー「レオナール、われに羽賜(はねた)べ」での組曲中に取り入れた曲で、太鼓を島や大陸(異文化)に見立てて、その間を人がつないでゆくというイメージを、曲、打法、振付に込めた。太鼓を両側に置いて大きな動作でアクロバチックに打つ演奏スタイルは人気を呼び、海外公演では特に大喝采になる曲。このオリジナル・バージョン「海の豊饒」は2003年、広島県と愛媛県を結ぶ“しまなみ海道”の全線完成の記念に、広島県の委嘱を受けて瀬戸内しまなみ海道地域の太鼓衆のために作曲、振付したもの。小さな島がたくさん連なる瀬戸内海をイメージし、太鼓を島に見立てて、演奏者は島を繋ぐ橋や人を表し、海と島と人との豊かな営みを表している。(329W)

 

M3.「宴(うたげ)」(作曲:林 英哲)(1985)

もともとは大太鼓独奏のために創ったシンプルな構成の曲だったが、初期のアルバム「英哲−EITETSU−」では笛、尺八や地拍子も加わり、その後いくつかのバリエーションが生まれている。風雲メンバーとは三台の大太鼓で演奏する「三絶」として演奏することが多い。今回は室内ホールで多くのアーティストが出演するフェスティバル形式のため、大太鼓3台を持ち込む事が難しかったため、大太鼓に桶締太鼓を加えた三人での特別バージョンで、メンバーそれぞれの個性も生かしつつ音楽ホールでより祝祭的な雰囲気が出ればと思い、大幅に構成し直した。(248W)

 

M4.未定 林英哲DUO with新垣隆(pf)

8/10 Sat

メインステージ Ⅴ
レ・フレール、鍵盤男子

[タイトル]

レ・フレール ARITA Special!!

[出演者]

レ・フレール、鍵盤男子

[内容]

17世紀から挑戦を続ける有田の街に敬意を表し、「レ・フレール」(斎藤守也・斎藤圭土)がお届けする熱きステージ!

レ・フレールならではの1台4手連弾=キャトルマンスタイルのあくなき追究に、有田焼の美へのとどまることなき探究に想いを重ねて。

国内外での演奏で聴衆を魅了してきた情熱ほとばしるダイナミックなパフォーマンス、そして静謐の音世界。変幻自在に姿を変える唯一無二の「レ・フレール サウンド」をたっぷりお楽しみください。

今回のステージでは、これまでにリリースした5枚のアルバムを中心に、レ・フレールの代表曲「Boogie Back to YOKOSUKA」「On y va !」「サムライ・ファンキー」などをプログラム。

レ・フレールの真骨頂をお楽しみいただけます!

[予定演目]

  • 「Boogie Back to YOKOSUKA」

  • 「On y va !」

  • 「サムライ・ファンキー」

メインステージ Ⅵ
新垣隆・THE LEGEND・鍵盤男子・大井健・西尾周祐
EDISON・レ・フレール・吉武大地

ARITA CLASSIC SPARK!

[タイトル]

[出演者]

新垣隆・THE LEGEND・鍵盤男子・大井健・西尾周祐
EDISON・レ・フレール・吉武大地

[内容]

ARITA CLASPA!メインステージ最終プログラムは出演アーティストが勢揃いする贅沢なステージです※。メインステージで全てのアーティストの演奏を聞くことができるのはこのステージだけ!ステージI〜Vまでの話も楽しむために、好きなアーティストのステージとセットでご覧いただくことをオススメします。そしてこのステージVIで演奏予定のメインテーマ曲「焱の歌」は、グランドステージ泉山磁石場(野外ステージ)とは異なるメインステージヴァージョン「焱の歌 -ARITA CLASSIC SPARK!-」でお届けいたします。「焱の博記念堂(文化ホール)」の素晴らしい響きの中で、勢揃いした出演アーティスト全員による、このステージでしか聞くことのできない豪華な「焱の歌」をお楽しみください。このステージ「ARITA CLASSIC SPARK!」で大いに盛り上がり、気持ち、体温共に上げてグランドステージ泉山磁石場(野外ステージ)へ向かいましょう。

※林英哲/英哲風雲の会の出演はございません。

[予定演目]

焱の歌 -ARITA CLASSIC SPARK!-

グランドステージ

ALL ARTISTS

ARITA CLASPA! グランドフィナーレ
泉山磁石場(野外会場)

[出演者]

新垣隆、ザ・レジェンド、鍵盤男子、レ・フレール、吉武大地、EDISON、林英哲

[内容]

17:30 オープン

17:45~18:00
SOUND OF ARITA (地元の方の演奏

18:30~18:40
ARITA CLASPA! オープニングアクト

18:40~18:55
レ・フレール

18:55~19: 05
吉武大地


19:05~19:15
EDISON

19:15~19:25
大井健

19: 25~19:35
新垣隆

19:35~19:45
鍵盤男子

19:45~20:00
THE LEGEND

20:00~20: 20
林英哲&新垣隆


20:20~20: 30
グランドフィナーレ ~焱の歌