© 2019 ARITA CLASPA! / COMPANYEAST

ABOUT CLASPA!

ARITA CLASPA!

磁器とクラシック音楽をスパークさせ、地域固有の音楽フェスティバルを開催

ARITAには有田焼で作られた磁器楽器が存在します。「碗琴(わんきん)」や「磁器太鼓(じきだいこ)」、「オカリナ」や「茶碗の蓋を重ねたカスタネット」。そして昭和の歌姫、美空ひばりが歌うご当地ソング「有田チロリン節」や野口雨情の「有田皿山節」が今でもこの地で歌われています。

 

本イベントでは、ARITA固有の磁器楽器とクラシック音楽をスパークさせ、ARITAでしかできない新しい音楽フェスティバル(ARITA CLASSIC SPARK!=ARITA CLASPA!)を誕生させることによって、ARITAの魅力を広く世界に発信すると同時に、クラシック音楽による新しいカタチの地域創造音楽フェスティバルを開催します。

また将来的にはクラシック音楽のアーティストだけでなく、日本で初めて世界に認められた有田焼に代表させる様々なクリエイターの発表の場としての「ARITA CLASPA!」を目指していきます。